初心者でもわかる引き戸選択のポイントとは

最近の住宅には開きの扉が多用されていますが、使う側にとっては引き戸も使い勝手はよいのです。敷居の上を横に滑らせて開口部を設けるので、開き戸の様に開くスペースに物を置けないという事はありません。トイレなどの小さな部屋には片引き戸が良いでしょうし、玄関などの開口部を広く欲しい場所には引き違い戸が良いでしょう。引き戸の場合は簡単に取り外しが出来るので、引っ越しなどの場合は玄関の引き違い戸を外すと扉2枚分の開口部が確保できます。室内においても2間続きの部屋を一つの部屋として使用したい場合は、二つの部屋の間に4枚引き違い戸を使用するとこの扉を外すとたちどころに一つの部屋として使用できるようになります。この様に使用する目的や周りのスペースなどを考えて引き戸を使用すると、使い勝手の良い快適な空間を作り出すことが出来ます。

引戸の種類はどの様なものがあるか

洋風の生活が馴染んできたので住宅の扉は開き戸が増えてきましたが、日本古来からの扉は引き戸が主流でした。特に日本家屋ですぐに思い浮かぶのは障子や襖などの引き戸です。引き戸の種類は1枚だけ片側に引く片引き戸と呼ばれるもの、そして2枚で両方とも引けるものは引き違い戸と呼ばれます。広い開口部に使用され物はその扉の枚数によって、3枚引き違い戸や4枚引き違い戸と呼ばれています。これらの引き戸の使われる場所は、その開口部の広さによって使い分けてきました。トイレのように狭い場所には片引き戸を使用し、玄関などの出入り口には一般的に引き違い戸が使用されてきました。和室の続きの間や和室から縁側への開口部の広い場所そして間口の広い押入などは、3枚引き違い戸や4枚引き違い戸などを使用して機能性を高めています。上から吊り引いて開けるハンガードアは敷居がないので様々に有効利用されています。

引き戸を有効に活用する方法とは

これからの住宅には引き戸を活用する事で、高齢者や身障者にも優しい住宅が出来るのです。開きの扉は手前や向こう側に引いたり押したりして開きますが、引き戸の場合は立つ位置を変えることなく、扉を横に滑らすだけで開口部が取れるのです。体を動かすことが不自由な人にとっては、片腕の動作だけで扉の開閉の出来る事は非常に助かります。最近は鴨居から吊り下げて引く事で開閉できるハンガードアも出ています。ハンガードアの場合は床面に敷居を設ける必要がないので、足の不自由な人や車いす生活の人にとっては使いやすく便利な扉と言えるでしょう。最近は扉のデザインも様々に素敵なデザインの物も増えているので、引き戸であっても部屋の用途やデザインなどによって選定すると、使い勝手の良い高齢者や障碍者に優しい引き戸となるでしょう。