あなたのお家に合う引き戸をご紹介します

引き戸は日本で古くから用いられてきた扉の形式です。和室のふすまや押入れなどでも、現在でもさまざまな場所で使用されている形式ですが、住宅の洋風化にともなって減少傾向にあることも事実です。しかし、引き戸には一般の開きタイプのドアにはない優れたメリットもあり、現在の社会のバリアフリー化の流れから、その存在が少しずつ見直されつつあります。従来のイメージにとらわれない新しい形の引き戸も増えてきており、改めてその良さに気づいた人々が新築やリフォームの際に積極的に採用する傾向も見られるようになってきました。玄関ドアや洋室のドアを引き戸にするという選択も考えてみることをおすすめします。住宅のプランニングに大きなプラスの効果がもたらされる可能性もあります。

引き戸はバリアフリー化に適した構造

バリアフリー化を行った新築住宅やリフォームを行った住宅では、全ての出入り口を引き戸とするというケースが多く見られます。これは引き戸のメリットによるものです。通常のドアの場合は、出入りする際には必ずどちらかの方向に大きく開かなければなりません。つまりドアが動く範囲には基本的に家具や物を置くことができなくなります。また健常者の方でしたら問題のない「ドアを開ける動作」も車いすの利用者にとっては大変難しいものとなります。特にドアが手前に開く構造であった場合はそこを通過することも困難です。その点、引き戸であれば左右にスライドして開くために開口部のスペースを確保する必要がありません。戸袋にしまう形状であれば、すぐ近くに家具を設置することも可能ですし、車いすでの移動も容易です。

洋室にも引き戸を設けて開放的な空間を

メリットはバリアフリー化だけではありません。多くの住宅に取り入れられているLDKの構造で、リビングと和室が続き間になっているという間取りがあります。その場合の多くはふすまという開き戸で仕切られているのですが、多くの人が集まる機会にはそのふすまを取り払うことで、かなりの広さの空間を確保することができるのです。これは取り外しが容易であるふすまという引き戸の場合ですが、最近の住宅で増えてきている洋室との続き間でも仕切りを引き戸をする例が多く見られます。デザインはモダンで一見すると引き戸に見えないものもありますが、使い勝手はふすまそのものであり、必要となった場合に大きな開口部を確保できるプランとしている住宅があります。室内でパーティーなどを開くことの多い家庭には最も適した選択であるといえます。リフォームや新築の際には、引き戸のプランを業者に問い合わせてみるのも良いでしょう。

DIY女子から、本格的に家のリフォームをしたいお父さんまで幅広く応援します。 当サイト新規会員の方に、次回のお買い物から使える500円分のポイントをプレゼント! 「リフォームおたすけDIY」は商品のみの場合は、5~10日程度でお届けします!「リフォームおたすけDIY」はご自身で住宅のリフォームをするお父さんを応援します! 「リフォームおたすけDIY」では、新規会員を募集しています。 引き戸の悩みも解決!リフォームの専門家がサポート